そば粉のことなら宮本製粉株式会社
石臼挽きそば粉、ロール挽きそば粉取り扱い
手打ち、居酒屋、立ち食いそば屋さんお待ちしております
ぬき実、ヌキ実、抜き実、剥き実、そばの実のげんそば、玄蕎麦の販売説明
業務用そば粉販売
北海道、長野(信州)産、山形産、栃木産、福島産、茨城産
そば道具、そば麺機、乾麺取り扱い
そば栽培生産地レポート
そば道具、そば麺機、乾麺取り扱い
そばの事ならなんでも
そば太郎の誕生秘話!
太郎通信
そば関係の動き、情報をタイムリーにお知らせ!
石臼職人 並木雄三の部屋
家庭用そば打ち機「いえそば」
家庭用そば打ち機「いえそば」
老舗のおそば屋さんの紹介
そば粉関係リンク集


平成19年度産玄糧のお知らせ

 取り扱い産地をクリックして頂くと詳細ページにジャンプします。



販売終了しました、有難うございました。

お待たせしました!昨年ご好評頂きました長野県上伊那産のそばが今年もまた皆様にご案内できる事となりました。出回る量が少ない長野産の品種「信濃1号」、長野のそばの独特な味と香りをこの機会に是非お試し下さい!

 

生産地 長野県上伊那
品種 信濃1号
水分 14.7%
販売・管理元 JA上伊那

 

 
伊那市西春江のそば畑

 

JA上伊那のそば栽培状況

栽培地域 標高700〜1000m
作付面積 350ha
生産数量 約300トン
栽培概要
 播種 7/下旬〜8/中旬
 開花 8/下旬〜9/下旬
 収穫 10/中旬〜11/上旬



販売終了しました、有難うございました。

生産者の北原啓史さん。
北原さんのこだわりはなんと言っても”土”。
蕎麦の収穫後(11月)から次の年の播種時期(8月)まで
圃場の土作りに専念する。
”こだわりの(土の)蕎麦”御賞味下さい。

『茨城県 東茨城郡城里町』
平成17年2月1日に常北町・桂村・七会村が合併して誕生。

『常陸秋そば』・・県奨励品種。粒ぞろいが良く、品質に優れていると定評がある。
そば独特の香り・風味・甘みがあり、全国のそば職人から高い評価を得ています。


好評の常陸秋そば茨城県・筑西産販売!!
販売終了しました、有難うございました。

昨年と同様、茨城県筑西市産の3人の生産者それぞれの個性ある風味豊かな蕎麦になっております。
3人それぞれの名前が入っており、生産者の方々と共に気持ちを高め納得の商品を作り上げる事が
出来ました。
この時期を感じない蒼さを是非お試し下さい。

 
 
    


販売終了しました、有難うございました。


北海道産 牡丹そばに続き、おすすめの商品が青森より届きました。
青森(東北地方)で栽培されているそばの品種「階上早生」
東北地方で最もそばの味が濃いと思われるそばを楽しんでみてください
 
生産地 青森 十和田市のそば畑の様子
 
〇順調に成育するとそば畑写真
種の播き始めは、雨が多く成育が心配されましたが、天候が回復し良いそばができました。
昨年度ご使用頂いたお客様も納得の蕎麦になりました。
北海道産のそばの良さとは違う青森産そばをぜひこの機会に!

北海道 雨竜町産

販売終了しました、有難うございました。

いつも格別なお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。
北海道のそばの町、新得町から玄そばが入荷しました。
今回は新得町のぬき実を皆さんにご案内させていただきます。

新得町のそば畑
 
そばを加工する新得そば工場
北海道のほぼ真ん中にある新得町は、大雪山と
日高山脈の麓に位置しています。そば作りに
適した気候を持つ新得町は年間700トンもの
作付面積を誇り、昼間は温かく夜涼しい気候を利用し
一大生産土壌となっております。
 
     
生産地   北海道上川郡新得町
生産・精選 JA新得町・西十勝センター
品種      キタワセ
水分      15,5%
現場の声
 とても綺麗な状態で玄蕎麦が届きました。
 玄蕎麦の色が黒く、完熟された後味が残るぬき実になっております。



販売終了しました、有難うございました。

  いつも格別なお引き立てを賜りましてありがとうございます。
 今年は福井県福井市産のそば(生産団体:ハーネス河合)を本年度販売致します。
 福井県は、県民の平均寿命が全国トップクラスの長寿県です。また、そばの栽培環境としては、おいしいそばが育つとされている北緯36度線上に位置しており、おいしいそばができる環境に当てはまっています。
 早刈りしているため小粒ですが、薄緑色をしており、風味が良いのが特徴です。

大型コンバインで収穫
 
地元保育園との収穫体験


販売終了しました、有難うございました。
  去年大好評だった、秋新そば「北海道 音威子府産」が届きました!
音威子府産のそばが食べたいという方がホームページ上方々で見かけます。
現地で食するのが一番ですが、現地と変わらない品質「産地直送、挽きたて、剥きたて」でお届け致します。
話題性のあるそばをぜひこの機会に!
 

     

○北海道と命名した地
「おといねっぷ」は、北海道の名が生まれた場所。幕末の探検家・松浦武四郎が命名した場所として
知られております。
その時出会ったアイヌの古老から「カイナー(この国生まれたもの)」という言葉が教えられ、
後に「北海道」と命名される「北加伊道」が発想された。

○音威子府の名前の由来

音威子府の名前の由来は、音威子府川が天塩川に合流する地点で泥で濁っていた所
アイヌ語で(オ・トイネ・プ→河口・土で汚れる・もの)といことより命名された。
北海道で最も人口の少ないむら音威子府。
森林面積が80%を占め、酪農中心の農業と有名な彫刻家、砂澤ビッキを生んだ木材工芸の盛んな
村として知られています。
有数の深雪地でもありクロスカントリースキーが盛んなところ。
昔から今も音威子府はソバの名産地です。

○昔から今も音威子府はソバの名産地、ソバ栽培に適した気候
東西ともに約50kmでオホーツク海・日本海に達することから、海洋性気象に属し、四方山岳の囲ま
れた狭隘な盆地的地形のため寒暖の差が激しく、12月から3月の平均気温は−6℃以下、6月から
9月は17℃以上となり酷暑時期には30℃以上を示す事もありますが、酷寒時期には−30℃以下に
なることもあります。

     
「そばに適した気候に恵まれ元気に育つ」
「一面に広がるそば畑」
「生産者の黒沢さんが操作するトラクター」


販売終了しました、有難うございました。
  「北海道 浦臼産」「北海道 秩父別産」「北海道 雨竜産」「北海道 多度志産」に続き、
おすすめの商品が「茨城 下妻市」より届きました。
そばが豊かにあふれてくる「常陸秋そば」、目が離せない産地を肌で感じてみて下さい。
 
〇下妻市は、温暖な肥沃な大地
下妻市は関東平野のほぼ中央茨城県の南西部にあり、首都圏
へは60Km圏内に位置し農業地域類方では平地農村地域に属 している。
市の中央には砂沼、東に小貝側西に鬼怒川が南流し、東に筑波山が望める。
気候は平均気温13.5度前後、おおむね温暖な地域である。
年間降水量は1300mm程度で、県内は小雨域にあたる。
農業は稲作、果樹、養豚を基軸に、野菜を加えた複合農業地域

     
主な農産物
穀類

果樹
養豚
野菜
米(コシヒカリ・ゆめひたち・ミルキークィーン)・大豆(タテナガハ・納豆小粒)
小麦(農林61号・きぬの波)・大麦(カシマ麦)・そば(常陸秋そば)
梨(豊水・幸水)
ローズポーク
はくさい・レタス・キャベツ・ねぎ・メロン・きゅうりなど
     
 

生産者の皆様の御紹介
 
刈り取りの風景
写真向かって右から順に後列
塙安之さん・野部晃さん・鈴木富泰さん・塙倶治さん・中山俊一さん・大塚祐一さん・関純生さん

前列右から
久野信也さん・山口浩さん・斉藤善男さん



販売終了致しました、有難うございました。
  北海道で今現在生産されている「キタワセ種」、「キタワセ種」の前の品種が「牡丹種」です。
今では、北海道の浦臼町でしか生産されていないという希少価値のある「牡丹種」を今年度も入荷致しました。
キタワセ種とはまた一味違いのある「牡丹種独特の風味」をお試し下さい。
北海道浦臼町の山間にある、恵まれた環境で育てられたそば「牡丹種」を是非お試し下さい。
 
〇牡丹そば生産地「浦臼町」紹介!
樺戸連山と石狩川に挟まれいくつもの川や沼が点在するなでらかな山間地で温暖差があり、そばの生育に恵まれた環境です。

牡丹そばの他にも花卉・メロン・ばれいしょ、アスパラガスなどの産地としても評価が高い。
ワイン用ぶどう作りにも積極的に取り組み作付面積・収穫量で日本一となっており、ワインやジャム作り葡どん等もまちの特産品になっている。

     
  〇浦臼町にての「牡丹そば」畑風景
「キタワセ種」に比べて一反辺りの収穫量は、少量ですが、生産者の方の牡丹そばに対する熱い思い・こだわりで、今も頑なに作付けされています。

当HPのそば栽培生産地リポートの中で浦臼町のそば栽培の様子が手に取るようにわかるようになっております。
ぜひ、ご覧下さいませ!!

     
 

牡丹そばはこのマークが目印!
 

浦臼産ぼたんそば新そば収穫祭の様子
(18年9月24日)

手打ちそばの実演・そば屋台で新そば食べ歩き
そば早食い大会・子供遊びコーナー・特産品販売など
開催しています。



販売終了致しました、有難うございました。

  秋新そば第一弾として、いち早く「北海道 雨竜産」が届きました!
待ってましたと熱望されていた方も多いのと思います。
生産地の方のご協力の上、そば栽培が順調に進み、今年度産も要注目産地商品になりました。
飛んでお客様の所へお持ち致します、ぜひ笑顔で迎えて下さいませ!
 
○北海道 雨竜町の「最寒メロン」お勧め!
雨竜町は、北海道の中西部、暑寒別岳(しょかんべつだけ)の麓、その山々の清流を農業用水とする人口約3千人の純農業地帯です。 
気候は大陸性気候で寒暖の差が比較的大きいのが特徴です。
     
  ○北海道 雨竜町「元気クローラ組合」
前田会長の意思の元、総勢5名で美味しいそばを提供できるように努力を惜しみなく協力して下さってくれます。
また、常に前進することを忘れずに今年から新しい試みもして下さっているようです。
気持ちのこもった生産者「元気クローラ組合」様から届いたそばは、大変ご好評頂いております。
「 組合長刈れますか? 」
   
     
 

○雨竜町有機米!
「雨竜米の」生産地雨竜町は、北海道の主要食糧地である北空知の一角で、雄大な暑寒別連峰を望み、緑豊かな自然環境と気候風土に恵まれ、雨竜川など3流域の肥沃な農耕地と清らかなる暑寒の清流を源に、水稲を基幹産業とした農村地帯で「食と緑を守る田園の町」をキャッチフレーズにクリーン農業に力を入れています。

○北海道 雨竜町「元気クローラ組合」の皆様 から、「秋そば栽培報告」の詳細はこちら!

 

そば粉のことなら宮本製粉